MENU

家売却のコツ | 相場より高くする方法と査定のポイント

家 売却

家を売ろうと思ったら、
気になるのが「いくらで売れるんだろう?」ってところですよね!

 

せっかく大事な我が家を手放すのですから、「できるだけ高く売りたい」「できるだけ早く売りたい」という思いも出てくると思います。

 

ここだけは押さえておきたいポイントやコツ、家の売却には欠かせない一括査定サイトの情報を紹介しています。家売却の参考になれば嬉しいです^^

 

知らなきゃ損?!相場より高く売れる売却価格の調べ方

 

相場を調べるには、不動産会社に家の査定を依頼します^^
この際に、複数の不動産会社に査定依頼を出しておくことがポイントです!

家 売却

 

なぜなら1社からの査定では正確な相場が判断できませんし、複数を比較することで一番高値で買ってくれる不動産屋を見つけることができるからです。

 

しかしいくら複数の不動産会社から査定を受ける方が良いといっても、自分1人で何件もの不動産会社を行ったり来たりするのは体力的にも精神的にも無理があります(=_=)

 

1件ごとに自分の不動産の情報を説明したり自分の要望を伝えなければいけないので、それでは売れる前に嫌気がさしてしまうでしょう。

 

当サイトでは、
イエウールという無料で使える不動産の一括査定サイトの利用をオススメしています!

 

パソコンや携帯電話から簡単な情報を入力するだけで最大6社からの査定を一度に見ることができるので、非常に便利で使い勝手が良いですよ^^

 

全国大手1200社から、6社を一括比較。500万円以上違うことも!

家 解体 費用

ボタン

 

自宅近くの不動産会社の査定だけ欲しい、〇〇円以上でないと売りたくない、などの条件を打ち込めばそれに合わせた不動産会社からの査定だけを受け取ることもできますよ^^

 

 

侮るなかれ!家の売却相場を調べるメリット

家 売却

 

家を売るためには、まず自分の家の相場を調べる必要があります。
自分でわざわざ調べなくても不動産会社にお願いすればいいんじゃないの?と思うかもしれませんが、それは違います^^;

 

不動産会社は確かに家を売却するために色々と手助けをしてくれますが、不動産会社の報酬というのは上限額が宅建業法という法律で決まっています。

売買金額

仲介手数料(税別)

200万円以下

売買金額の5%以内

200万円超え400万円以下

売買金額の4%以内

400万円を超える金額

売買金額の3%以内

 

これは不動産会社が得られる仲介手数料の一覧ですが、つまり不動産会社は1000万円で売れようが500万円で売れようが、売れなければ商売になりません。

 

いくら宣伝費や人件費を使って営業しても、私たちの物件が売れなければ全てパーです。
そして反対に、家を購入する立場の人達はできるだけ安くて良い家を手に入れたいと思っているはずですよね。

 

そのような世界で不動産会社に全てを委ねてしまうのは少々怖くありませんか?^^;
さすがに相場3000万円の家が1000万円になるなんて理不尽な価格になることはありませんが、多少の金額であれば買い手側のリクエストに応えて売却をスムーズに進めてしまうことは良くあります。

 

もちろんほとんどの不動産会社はそんなことないと思いますが、自分で自分の家の相場を把握しておくことはとても大事なことなのです^^

 

 

家を売却するなら必ず知っておきたい!査定のコツ。

家 売却

 

まず不動産会社に自宅を査定してもらって調べますが、自分の家がどのくらいで売れるのか?という情報がなければ希望通りの価格で売ることは難しいですからね^^;
実はこの不動産査定には知っている人だけが得をするコツがあるのです。

 

査定のコツその1:査定は必ず複数の業者に依頼する!

家 売却

 

仮に1社からだけ査定を受けた場合は、「過去の事例を元にすると、この物件の査定額は〇〇円ですね」という回答をもらいます。しかし、これではその金額が本当に正しい金額なのかが我々のような素人には判断できません。

 

A社では2000万円と言われたがB社では2300万円と査定された!なんてことは良くあります^^;1000円2000円の話ではありません、数百万円もの損をしてしまう可能性があることを覚えておいてください。

 

また、複数の不動産会社と受け答えすることで良質な不動産会社に巡り合う可能性が高くなります。

 

査定のコツその2:極端に高額(または低額)な査定には注意!

 

家 売却

低額な査定に飛びつくことはないかと思いますが、1社だけ飛び抜けて高い査定額を提示された場合にはどうしても嬉しくて飛びついてしまいたくなりますよね^^;

 

しかし不動産会社は仲介(売買のお手伝い)をすることが本来の仕事で、その手数料で利益を得ているわけです。
不動産会社がその査定額を払ってくれるわけではありません、あくまでも最終的にお金を出すのは購入してくれる買主の方です。

 

こうした高額な査定額を提示してくる業者の中には、単に仲介契約を結びたいだけの悪質な業者もいますので「なぜその査定額になるのか」という根拠を聞いてみることをオススメします^^
受け答えが曖昧だったり、質問自体を嫌がるような業者には依頼しない方がいいです。

 

また極端に低額の査定を提示してきた業者にも一応話を聞いてみた方がいいです。
その業者だけが知っている情報がある可能性もありますからね^^

 

 

査定のコツその3:一括査定サイトの利用

家 売却

実際に何社もの不動産会社に依頼しにいくのは相当な手間ですよね^^;
査定を依頼するにはその都度物件の情報(築年数や立地など)を担当者に説明しなくてはいけませんし・・・。

 

そんな時に便利なのが家売却の一括査定のサイトです。
一括査定サイトでは、必要な情報さえ入力すれば近日中にで複数の査定を一度にまとめて受けることができます。

 

家のように、定価がなく相場が変化してしまうような場合には非常に便利な査定方法です^^
無料で一括査定する>>>

 

 

査定方法と査定を受ける際のポイント

 

家売却の一括査定には、簡易査定と訪問査定という2つの種類があります。
その2つの違いについてお話します。

 

簡易査定(机上査定)

家 売却

簡易査定では、入力された不動産情報だけをもとに査定を受けることができます。
実際に物件を見たわけではないので概算価格になってしまいますが、それぞれの不動産会社が自宅をいくらで売却できると考えているのかが分かるため相当重要な情報です。

 

ここで注意したいのは、飛び抜けて高額査定を出してきた不動産会社についてです。
例えばA社3000万円、B社3200万円、C社3900万円のような査定が来たとします。

 

売り手の私たちからすれば1番高額を提示してくれたC社にお願いしたいところですが、それは少し待ってください。
不動産会社の営業マンの中には、とりあえず自分の所で囲っておこうという考えのもとワザと高額な査定額を提示してくる者もいます(+o+)

 

先程も書きましたが、不動産会社は自分達の契約下で売れてなんぼ、借りてもらってなんぼの世界です。
こういった根拠のない高額査定を出してくる業者も中にはいますので、高額な査定額を提示された際には「どうしてその金額になるのか」と根拠を聞くことが大事です^^
この質問に対して答えが曖昧だったり、話を濁してくるような業者はその時点で契約候補から除外してOKです。

 

また反対に極端に低い金額を提示してきた不動産会社がいた場合も、度外視せずに念のため話を聞いてみることをオススメします。
地域に根付いた不動産会社などは、独自のネットワークを持っていることが多いので誰も知らないような情報を持っている事もあるからです。

 

訪問査定

こちらは簡易査定で気になった不動産会社に実際に自宅を見てもらい、精度の高い査定額を出してもらう方法になります。

 

マンションのように売買が頻繁に行われている場合は簡易査定の価格とさして変わらないこともありますが、1戸建ての場合は隣接する家の情報なども査定に関わってくるので実際に家を見てみなければ分からないことも多いです。

 

この訪問査定では、簡易査定のとき以上に今後の売却を依頼する不動産会社を見定めなくてはいけません。

 

訪問した担当営業マンを通じて「今後どのような戦略で売却していくつもりなのか」「広告の出し方・どんな種類の広告を使うのか」「税金は幾ら程度かかるのか、税金に対する対策はないのか」など色々な質問をぶつけてみましょう。

 

その受け答えによって営業マンの力量や不動産会社ごとの性格も把握できます。
もちろんこれらのことは簡易査定をしたあとに電話で聞いてもOKです^^

家 売却

 

何社からも同じようなことを言われるので「それは前の人が言ってたな、もう聞いたな」となるかもしれませんが、各社がどのように説明するかは大事な判断材料なので良く聞いておくことをオススメします。

 

 

正しい売却相場や査定を受けるための注意点

家 売却

 

愛着のある家も、他人から見ればたくさんある物件の中の1つです。
仮になにかしらの不備があっても、売却する際には「値段が下がるかも」という思いから言わない人もいるかもしれません。

 

しかし、売主にしか分からない情報を隠したまま売却して後から発覚した場合には最悪「売主側の不告知」ということになり損害賠償や契約解除などのケースになることもあります。
そして、不備を隠した上で得た見積りは何の目安にもなりません^^;

 

どうしてもという事情があるのであれば、正式に仲介を依頼する不動産会社が決まったあとでその不動産会社にだけ事情を伝えるようにするといいですね^^

 

 

最後に・・・。

 

家 売却 相場

家の売却には色々な人間、色々な法律が絡んでくるためどうしても複雑に考えてしまいます。
それは仕方のないことです、事実私もそうでした^^;

 

そのときになって慌てなくていいように、少なくとも売却を考え始めたらすぐに不動産会社の選定を始めるくらいはしておいても良いと思います。自分の家の相場も把握できますしね^^

 

また本当に売るかどうかは置いておいて、一括査定サイトで査定額を見てから考えるというのも全然有りです。人間具体的な例がないと、なかなか最初の1歩を踏み出せないことってありますしね。

 

一括査定サイトは無料で使えますし、査定を受けたからといって契約しなければいけないわけではないのでフルに活用しちゃいましょう!^^

 

ボタン2

 

 

《相互リンク》
seoリンク オーディオ フリーソフト 介護 MY4-Link サイト集 童話集 PVランキング